何もない空虚

動画を作っていたりいなかったり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

いろはす もも 

こんにちは、午前11時、虫歯です。
先々月から少しだけ歯に違和感があって2度ほど家の近くの歯医者に行ったんですが、2回ともに「気のせいですよ」で金だけ取られて追い返されたのが腹立たしいです。
和光市に住んでる人、絶対にほだか歯科クリニックには行っちゃダメですよ。

Unityの話。

先月末からUnityでゲームを作っています。
Twitterには書いたんですが、結構直感的にゲームが作れてびっくりです。
ほぼチュートリアルとか見ていないのですが、それでもあっさり作れるのはこのソフトのかなりの強みかなと。

で、ゲームを作っているにあたり、いくつか気になったこと、気付いたことがあるので、簡単にまとめておこうと思います。
まだ2週間程度しか使ってない人間の言うことなんで、あんまり真に受けないようにして下さい。
(後々正反対の考え方に変わっているかもですし)

1. 日本語の情報が少ない
文字通りですね、現段階では思ってたより情報が少ないです、当たり前ですがこれは結構痛いです。
ないことはないですが、ちょっと複雑なことを調べようとすると引っかからないこともしばしば。

Unityの参考書もいくつか出ていますが、ぶっちゃけ買わなくて良いレベルです。
あれらを買うくらいならC#の参考書を一冊買ったほうが良いです、でもC#の情報自体はネットに溢れてるんで、結局何も買う必要はないかなと。

2. C#の知識は少しはいる
正直C#が書けないとUnityでゲームは作れません…と書いたら強すぎますが、少しでも凝ったゲームを作る場合は絶対必要です。

ネットに載っているUnityに関するC#の情報は、正直あまり書き方が良い物が少ないです。
恐らくプログラミングの知識は薄いけど趣味で作ってみようかなーって人がネットに情報を載せている印象ですね。

上にも書いた通り、凝ったゲームを作る場合とか、ゲームの容量を圧縮したい、ゲーム保守を楽にしたい、共同で制作を行いたいなど、多くの場面でC#が必要になってきます。

とはいえ、ある程度の知識があればそこそこ楽に書けそうな感じです。
書くと面倒くさい部分の補助をUnityがしてくれるので。

3. Dropboxとの親和性が高い。
複数人で1つのゲームを作る場合や、複数の環境でゲームを作る場合に重宝します。
特にDropboxだと即ブラウザ上で確認できるので良いですね。

そんな感じです。
まだまだ自分も知識が薄いので、わかったことがあればまた情報を書こうと思います。
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。