何もない空虚

動画を作っていたりいなかったり

最も簡単なFire TV Stickの使い方 

と、だいそれたことを書きましたが、自信あります。
一昨日Fire TV Stickを買いまして、色んな記事を参考にアプリをインストールしていたんですが…

どの記事も手順が煩わしすぎる!!

Android端末とかDropBoxを使って色んなアプリをインストールしている記事が多々見受けられましたが、正直面倒臭すぎる!
で、思ったのが、Fire TV Stick自体はAndroidOSをベースに作ってあるわけですよ。

ただFireOSなので、GooglePlayが入れられない。
だからみなさんAndroid端末使ったりDropBox使ったりで色々わちゃわちゃされているみたいですが…。

結論を言うと「1Mobile Market」をインストールしちゃえばもうそれで終了なんです!!はいおしまい!!これにて閉廷!!

一つ問題なのは、1Mobile Marketを起動するとめっちゃ横長に表示されるのでそれだけは回避しないといけません。
なので、1Mobile Marketからまず最初にダウンロードすべきアプリは「Set Orientation」ってやつになります。
# 設定とかはこのサイトを参考にしてもらえればと。

あともう一つ言いたいのが、みんなブラウザにやたらChromeを推してるんですよね…これが全くの謎。
Fire TV StickでChromeを開くと戻るボタンがないので、右手にマウスを左手にリモコンを状態になります。

なので良い子のみんなはFirefoxとかを入れましょう。
ちゃんと戻るボタンが表示されますし、タブ切り替えもあります、便利。
Dolphinはよくわかんないです。

ここから余談。

Fire TV Stick、ここ2日間で色々使ってみましたが、正直過大評価な気がします。

ChromeCastがどの程度のものなのかはあまり知らないんですが、Fire TV Stickはひとことで言うと操作性が最悪です。

リモコン一本で操作は出来るんですが、カーソルではなくファミコンの十字ボタンのような操作をするのでイライラします。

だからといってBlueToothマウスを導入しても、カーソルに対応してないアプリも結構あったり。
# YouTubeはマウスだけだとまともに切り替えれないし、本家ニコニコはそもそもカーソル操作非対応という。

しかもしょっちゅう接続が切れましたって表示が画面右下に出るんで動画を見てるとほんとイライラします。

BlueToothキーボードもすげーイマイチです、バグ多し。
一応スマホアプリのFire TVってやつでキーボード機能はあるんですが、これは操作性は良いものの、モニタの表示とスマホの表示が違う場合が多々あります。
とはいえBlueToothキーボードよりは、スマホのアプリの方が良いのかなーと。

なので、基本的にFire TV Stickを使う時は、

・Fire TV Stickのリモコン
・BlueToothマウス
・スマホ(キーボード・音声入力用)

の3つが必須になります。
# スマホのアプリで音声入力できるから、音声入力機能つきのFire TV Stickは正直ぼったくりなような…。

個人的にはYouTubeアプリを一番使いそうなんですが、これまたすげー使いづらいです。
各ユーザーページにとべないし、関連動画の検索が弱くて実況動画とかを順番に見ることさえ出来ません、これが本当に腹立つ。

あとはKindleFire同様、Androidのランチャーを導入しても背景色が真っ黒です。
これ毎回不思議なんですけど、なーんで背景真っ黒にしちゃうんですかね?

とはいえ5000円ならこんなもんなのかなーとも思いました。

今のところ一番面白かったのは、TeamViewerがさくさく動いたことですね。
ただ、キーボードを表示するとFire TV Stcikを強制終了しないかぎりキーボードの表示が消えないというバグが…。

もう少し使い倒したら、改めて感想を書こうと思いますが、ひとまず。
trackback: -- | コメント: -- | edit