何もない空虚

動画を作っていたりいなかったり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

改めてfire TV Stickの感想 

前回エントリーに続き、fire TV Stickを色々使ってみたので感想をば。(主に悪いところ)

【Fire OSなので、アプリ選択画面の背景が真っ暗】
Kindle Fireの時から気になっていたやつです、Fire OSは頑なに黒背景を押してきます。
加えてランチャーもデフォルトから変えさせてくれないので、何ともお固いなーと。

で、色々試してみた結果、HALauncherに行き着きました。

このランチャー、背景を好きな画像に変えることが可能で、かつ1Mobile Marketからインストールしたアプリもきちんと表示してくれる優れものです。
滅茶苦茶シンプルなのでカスタマイズ性はそこまで高くないですが、恐らく日本人が開発されているらしく、親和性は高いです。

とはいえホームボタンを押すとfire TV Stickのデフォルトのランチャーに戻されてしまいますが、ホームボタンを2回押下すると最近使ったアプリの一覧が表示されるので、そこでHALauncherを選択する形になります。
ということは、ホームボタンを1度のみ押すことはなくなるということですね。

【公式アプリが使いづらい】
ちょこちょこ色んなアプリを使ってみましたが、YouTubeとニコニコはちょっと致命的なほど使いづらいです。

まずニコニコですが、これは代替アプリがいくつもあるので、そこから選ぶのが良いかなーと。

問題はYouTubeです、これは代替がありません。
というのも、Android版のYouTubeをインストールしたんですが、Google開発者サービスの導入が必要ですと出てきて、そういえばFire OSは対応していなかったなと…。

ということで、iPhoneでYouTubeをつけて、AirPlayでFire TV Stickに表示するという微妙なことをしています。
fire TV Stickでroot化出来たらなーと思いつつ、今日この頃。

あと公式アプリ全てにおいてですが、音量調整機能がないのはどうなのさ?と。

スピーカーを繋げていない場合は、音量調整をテレビまたはモニタでやらざるを得ないです。
従ってテレビ用のリモコンで調整か、モニタから直接音量調整をしなければいけないのは、流石に面倒くさいです。

【やっぱりレスポンシブが滅茶苦茶悪い】
悪いです、二昔前の低スペックパソコンみたいです。
独自OSにメモリ1Gという構成なので仕方がないとは思うんですが、アプリの起動とかボタン押下に対する反応とか、何もかんももっさりです。

なのでもっさりに嫌気が差してきたら、AirPlayで接続してミラーリングが無難な気がします、これならサクサク動きます。
ただ、ミラーリングで十分となると、ChromeCastで十分な気も…。

【バグ・ちょっとありえない仕様】
キーボードの表示がたまーに消えなくなります、結構致命的。
あと前回も書きましたが、マウスとのBluetooth接続切れすぎ、異常な頻度で切れます。

みたいな感じですね、主に悪いところを書きましたが、ミラーリング機能はかなり便利です。
というかミラーリング専用で使っても悪くないのかなーと…レスポンスも良いですしね。

前回のエントリーにも書いた通り、Bluetoothマウスは絶対必須です、Bluetoothキーボードも出来れば欲しいところ。
あと、リモコンだけの操作は可能ですが、Bluetoothマウスのみで操作は出来ません。
音量調整を考えると、テレビのリモコンも必要で、必要な物理デバイス多すぎィ!!

なるべく値段を抑えた結果、色々と不自由で課金が必要、そんな印象を受けました。

とはいえ毎回YouTubeやらhuluやらを見たいがためにPCを起動するといったことがなくなったので、そこはありがたいかなーと。
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。