何もない空虚

動画を作っていたりいなかったり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

ハウステーションに気をつけて 

こんにちは、午前10時過ぎ、結構憤慨しています。

というのも、今ハウステーションという賃貸会社を通して賃貸に住んでいるんですが、退去の際の手続きがあまりにずさんで2万5千円ほど無駄金が発生しました。
やっぱり賃貸会社は大手を使わないとダメですね…サービスの質が低すぎてがっかりしました、二度と使いません。

皆さんもハウステーションには気をつけてくださいな、使ったら自分みたいに痛い目を見ます。



** 追記 **

こんにちは、午前3時半、珍しくこんな時間に起きてます。

引っ越しまであと4日と迫ってきました。
引っ越しの準備を手伝ってくれる予定だった知人が体調を崩したとのことで、準備が果たして間に合うのか、今から心配です。

さて、上記のハウステーションの件、ちょっと内容があまりに乱暴だったのと、話に進展があったので簡単に追記しておこうと思った次第です。

まず2万5千円の無駄金が発生した経緯ですが。

10月半ばにハウステーションから「11月8日で賃貸契約が2年経つので、更新か退去か、いずれにせよ手続きを行って下さい」との連絡が来ました。
で、その際に保証人(父親)のハンコが必要だったのですが、なんやかんやあって父親から保証人を断られたので、今の賃貸を退去せざるを得ない状況になりました。

で、退去する旨をハウステーションに話したところ、大家さんと相談してくださった結果、11月末日まで住んで良いので、それまでに引っ越してくれとの解答を頂きました。
# この時は『凄く柔軟な対応をしてくださってありがたいなー』と思っていました。

で、そこから一ヶ月の間で引っ越しの準備をちゃくちゃくと進めていたんですが、如何せん退去に関する連絡がハウステーションから一向に来ませんでした。
『おかしいなぁ』とは思っていたんですが、退去することはもう全て伝えてあったので、こちらから連絡する気も起きませんでした。

で、11月10日あたりに突然別店舗のハウステーション(恐らく引っ越しに関する課)から「退去届が届かないので大家さんが心配しています」と連絡が来ました。

寝耳に水とはまさにこのこと、元々賃貸の更新手続きやらを行っていたハウステーションは、退去に関する話を何一つ進めてくれていなかったことがわかりました。

『退去する旨を話した時に「退去届の送付をお願いします」程度言ってくれよ…』と思いつつ、退去する際には口頭だけではダメなことを知らなかった自分にも非があるとは思い、すぐに退去届を送付しました。

で、問題はここから。

退去届がハウステーションに届いたのが11月13日らしいのですが、それにあわせて一ヶ月後の12月13日を解約日とさせて頂くので、12月分の家賃を日割りで計算した額2万5千円を払えとの旨が書かれた手紙が届きました。

これには流石に腹がたちました。

元々11月8日までしか住めないところを11月末日まで待ってくれたので、11月分の家賃を払うのは当たり前だと思います。

が、ハウステーションが11月中に出て行けと言ってきたくせに、解約日を12月半ばにさせられた挙句、その分の家賃は払えとか、頭おかしいんじゃねーの?と激昂しました。

で、流石にふざけるなよと思いつつ、怒りを抑えてどういうことだとハウステーションに連絡したところ、こちらから11月中に引っ越せと言ったので12月分の家賃は払わなくて結構です、と大層偉そうな口調で言われました。

謝罪の一言もなかったのが物凄く腹立たしかったですね。
こっちから連絡しなかったらこのまま話が進んでいたわけで、これって立派な詐欺だと思います。

これに加えて契約書を紛失していたら敷金がわからないので返せませんとかふざけたことも言ってきたので、また気分を害しました。(もちろん契約書は持ち合わせていますが。)

と、そんなこんながありました。

ハウステーションはマジでクソです、二度と使いません。
次回の引っ越しからは、無難に大手の賃貸会社を利用しようかなーと、良い経験になりました。
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。