何もない空虚

動画を作っていたりいなかったり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

おはようございます 

職場で挨拶ができない人って結構いますが、それだけであまり関わりたくないなーと思います。

挨拶って一番手っ取り早く好感度上げる手段の一つだと個人的には思います。
挨拶をする人が挨拶をする理由を考えてみると、以下のパターンに分かれるのかなと。

1. なんとなく、無意識に、昔からやっているから
2. 好感度を上げようとして
3. 職場の雰囲気を上げようとして

自分は言わずもがな2.の理由でやってます。
こうやって書くとなんとも嫌らしい感じがしなくもないですが、職場の人間といえど半数以上の人は見ず知らずの他人なので、そう考えると2.の理由の正当性は確認できるかと。

逆に1.や3.の理由でやっている人の中には、逆に好感度を下げている人も少なくないと思います。

例えば挨拶の声が大きすぎたり小さすぎたりすると最悪です。
そういった人は"空気が読めない人"であったり、"くらーい人"であったり、マイナスな印象を植え付けますよね。

『うるせぇなぁ』とも『気持ち悪いなぁ』とも思わせない、適度な声量で挨拶ができる人は、それだけで印象が良いわけで。

そういった"空気が読める"人間だと思われて損はないと思うので、逆に適度な挨拶が出来ない人は、その程度のことも考えることが出来ない馬鹿なんだろうなーと思ってます。

挨拶、とても大切だと思います。
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。