何もない空虚

動画を作っていたりいなかったり

後ろへ前へ 

今の現場からそろそろ離れようかと少しずつ考え始めました。

毎度のことながら理由は大小様々あるのですが、そんな理由の一つに「作っているものと、それに対する労力が見合っていない」というのがあります。

自分は今フロントエンドエンジニアとして働いています。

職務内容を簡単に言うなら、Webブラウザで表示される画面を作っている、という感じです。

で、自分が携わっているチームで作っているのが、自社向けの小さなWebサービスです。

んで、決して規模が大きいとは言えない、しかも社内向けのサービスにも関わらず、上司からやたら細かい作業指示が来ている状態でして。

自分としては、そこにひじょーに不満を持っています。

今現在、自分たちが作っているサービスの改修リリースを行う際に踏まなければ行けない手順は以下のようになっています。

1. 社員との仕様確認
2. バックエンドエンジニアとの仕様確認
3. プログラム開発
4. チーム全員によるプログラムレビュー
5. 単体テスト
6. 結合テスト
7. 総合テスト
8. リリース!

特におかしな手順があるわけではないですし、手順の流れに対して不満は一切ありません。

ただ、上にも書いた通り、各手順に対する労力が大きすぎる!!というのがひじょーに不満なのです。(2度目)

特に個人的に不必要だよなーと思うのが、4のチーム全員によるプログラムレビューです。

プログラムレビュー自体はとても大切なことですし、各メンバーの実力を上げるための絶好の機会だと思います。

とはいえ、レビューを行う以上は、しっかりとしたコーディング規約を制定すること、そのプロジェクトにおけるルールを明文化することがとても大切だと個人的には思っています。

明確なルールが決まっていない状態で、各人がプログラミングを行い、各人がレビューを行ってしまっては、何が正解なのかわからない上、毎回行き当たりばったりな意見が浮上し、結果的に上司の脳内にのみ存在する、個人的なルールに押し付けられるという事態に陥りかねません。
# プログラムレビューについては、以下の記事がとても良かったです。
# これからは自分もこのテクニックに則ってレビューをしていこうかなーと。
# 人間らしくコードレビューするには

と、ここまで書けばわかると思いますが、すでにそういった状態になっているので、すごーく嫌だなーと思う日々が続いています。

特に象徴的だったのが、上司が以前書いていた既存のコードを、コピーして貼り付けてそのままリクエストを送ったところ、他のメンバーから「この書き方はよくない」と指摘されたことがあり、結果的に自分の書き方が良くなかったと思われる事態がありました。

また、単体テスト・結合テストについても、テスト自体はとても大切なことだとは思うのですが、『社内向けの小さなサービスに、山ほど時間をかけてまで、そんなにしっかりテストする必要なんてあるのか…?』という疑問は常に晴れません。

加えて、テストの観点について何度か尋ねたところ、「まかせるから」の一点張り。

何をテストしたいのかわからないし、そもそも何を目的でテストをするのか、恐らく上司自体も『テストは大切だけどめんどくさいし、よくわからないから派遣に全てまかせよう』という考えなのかなーと。

で、もし自分が上司だったら、以下のような手順で進めさせるのかなーと。

1. 社員との仕様確認
2. バックエンドエンジニアとの仕様確認
3. プログラム開発
4. リーダーによるプログラムレビュー
5. 総合テスト
6. リリース!

まず真っ先に、単体・結合テストを取っ払います。

何度も書いている通り、テスト自体はとても大切なことです。

が、しょせん社内向けの小さなWebサービス。

どちらかといえば『バグが出たらその都度直せば良いでしょ』くらいの軽い気概でいても良いと思っていますし、むしろそこにかける時間と労力がもったいないです。

もちろん言わずもがなですが、これが世間の目に触れる大規模サービスでしたら話は全く違います、ケースバイケースといってしまえばそこまでではないでしょうか。

で、次にレビューの度合いも下げます、少なくともフロントエンドエンジニア全員でやるような規模じゃないです。

加えて、コーディング規約も存在せず、プロジェクト内のルールも明文化されていない以上、上司の脳内ルールに従う他ないのですから、ならばいっその事上司だけがレビューすれば良い、個人的にはそう思います。

これくらいシンプルにことを進めて、さっさと次のことを始める、それくらいはしないと、時間ばかり食って、その割に労力に見合わないモノが出来上がるだけです。

時代と逆行していると感じざるを得ないこの状況、もうしばし進退について、考えてみようと思います。
trackback: -- | コメント: -- | edit