何もない空虚

動画を作っていたりいなかったり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

カネカネカネ 

ネットを介してお金を払う行為について、抵抗がある人は少なくないと思う。

例えばAmazonを使って何か買った場合、お金を支払う方法は、以下の3種類がありまして。

・コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い
・代金引換
・クレジットカード

で、自分としては、

・コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い ←めんどくさい
・代金引換 ←めんどくさい
・クレジットカード ←めんどくさくない

という感じなんだけど、共感してくれる人がいると信じて話を続けます。

数年前から、日本における、ネットを介しての売買を簡単に行えるサービステンプレートを作りたいなーとずっと考えていたりします。

ようするに販売サイトが作れるサービスを作って、配布して、そのサービスを買収されたら成功、みたいな。

ちょっと専門的な話になるけれど、それを作るにあたって、以下のポイントがずっと懸念事項としてある。

1. バックエンドを介したくない、サーバーにファイルを置いて完成!くらいにしたい
2. お金を支払うシステムはどうするのさ

1.についてはちょっとややこしいんだけど、ようするにサーバーにhtmlファイルを置いてはい完成、という感じで作っちゃうと、メールが送れないのだ。

これは未だに考えていて、回避できなくもないんだけど、うーん…といった感じになってます。

実際リニューアルした自分のサイトからは、バックエンドを通さずメールが送れるようになってます。

で、それ以上にやっかいなのが2.で、やっぱりお金が絡むとめんどくさい。

んで、色々自分なりに考えてきたけど、やっぱり一番抵抗感が薄くて利用率が上がりそうなのは、Amazonギフト券なのかなぁと。

写真素材とかを無料配布してるぱくたそは、どうやって収益を上げてるのかというと、

・Amazonギフト券による寄付
・PayPalによる寄付
・bitcoinによる寄付
・広告代

がメインなのかなと。

で、寄付については、ほとんどAmazonギフト券によるものがほとんどなんじゃないかなと勝手に思っています。

多分PayPalは外国人向けなのかな思っていて、となると、Amazonギフト券を介してやりとりするのが無難なのかなーと。

実際、自分のもし仮にAmazonギフト券でやりとりするとなると、抵抗感は薄くて、PayPalとかbitcoinとかだと、めんどくせぇなぁと思う気がするんですよね。

なので、もし実際にフロントのみで開発しようと思ったら、Amazonギフト券を介した感じで作ってみると、面白くなりそうだなぁと思った、今日この頃です。
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。